セラミックコーティング・ステーキカバーを発売しました。

この度、グリラーのオプション品としてセラミックコーティングのステーキカバーを発売いたしました。

<特徴>

・焼き時間を約2/3に短縮します。

・内側にセラミック塗装が施されているので、遠赤外線を食材の上から浴びせることが可能になります。
それにより益々、内側からふっくらジューシーに食材を美味しく焼くことができます。

・炭を併用して食材を焼いた場合には、カバーの内側に炭の薫りを滞留させることにより、更に効率的に、食材に少量の炭で炭の香りを付加することが可能です。

・下火式グリラーでピザを焼くことも可能になります。

・カバー内部にビス、ボルト、ナットを使用していないので、食材へ異物混入のリスクがありません。

・立てて置くことも可能ですので、保管が省スペースで便利です。

ステーキカバー
熱くならない木製取っ手付き (写真はノーマルサイズです)

<サイズ>

・ノーマル
外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm) 296×232×50

・スモール
外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm) 245×198×39

・ラージ
外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm) 321×256×54

・ディープ
有効内寸(幅W×奥行D×高さH)(mm) 285×190×82
外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm) 298×203×83
価格はこちら

ステーキカバー
内部を独自のセラミックでコーティングしています、ネジ類は一切使用していないので異物混入の心配なし
ステーキカバー
サイズは4種類、それ以外もご用意できます
ステーキカバー
便利で省スペースな立て置きも可能
ステーキカバー
スタイリッシュなデザインなので、お客様の前でも使用できます。

ステーキカバー

ステーキカバー

 

家庭用BBQグリラーとしても好評です。

海外のお客様の中には倖生炭グリラーを家庭用BBQマシンとして、利用してくださお客様もいらっしゃいます。

プロパンガスのタンクで繋げば車にも積めるし何所へでも持ち運びできちゃいます。

KA-55Gは大きさ的にもBBQ用にピッタリですね。

これからのシーズンにいかがでしょうか?

 

 

カナダ・カルガリーのお客様「SHOKUNIN」

カナダの代理店purerange様がカルガリーのレストラン「SHOKUNIN」にKA-95Gを導入して頂きました。

以下がお客様の感想です。
The customer is now very happy.    He likes the grill very much.   The owner is a well known famous chef, Darren Maclean.   You can google it.

 

chef のDarren Macleanさんはカナダでは有名なシェフであるとのこと、その有名シェフに気に入って頂けたようで、嬉しい限りです。
http://foodserviceandhospitality.com/kitchen-darren-maclean-downtownfood/

KA-95Gは日本だけでなく、世界的にも人気の機種になりつつあります。

 

新商品

HCJ2016で発表しました新商品「スーパーシェフ」 驚きの短時間で焼き上がりを実現しました。

 


 

 

「隠し味オーブン」



 

 

HCJ2016に出展いたします

今年もこの季節がやってまいりました。

2月16日火曜日~19日金曜日
10時~17時、最終日は16時30分まで
東京ビックサイトにて(ブース番号、3-N04)

http://www.jma.or.jp/hcj/jp/index.html

以下から事前登録していただければ、入場料3000円が無料に
http://www.jma.or.jp/hcj/jp/visit/visit.html

事前にご予約いただきまして、当日に食材を持参していただければ、ブースにて弊社グリラーで焼きテストすることも可能です。

事前の御予約は043-305-1212まで

業務用グリル

くらま アトレ大井町店 様

西京味噌や酒粕などにじっくり漬け込んだ自家製焼き魚を、一汁三菜のお膳で提供する

くらま アトレ大井町店 様 にKAH-135Gを導入していただきました。

オープン前日にお邪魔して、西京漬け焼き魚を頂きました。

じっくり、ふっくら焼けていて、これならご飯何杯でも行けそうです。

焼き魚定食をメインにしたありそうでなかなか無い、有り難いお店です。

 

カナダ、バンクーバーのZAKKUSHI様

バンクーバーの有名焼き鳥屋さんZAKKUSHI様にKA-95Gを導入していただきました。

http://www.zakkushi.com/carlton/

創業15年以上も経っているバンクーバー随一の有名焼き鳥屋さんだそうです。

現地の代理店がお客様インタビューをしたところ、以下のような反応だったとのこと。

They tested the unit, and they loved it!!!!  They said its comparable to real charcoal!   This is the most famous Yakitori shop in the city!   They have been around for 15 years!  This is great recommendation for us.   Finally this is a restaurant that knows really knows Yakitori type food.   They are very experienced and they said Kosei is great!!

意訳すると、大満足でスゴイ、炭火と変わらない!とベテランの焼き鳥職人達が言っていたとのことです。

火力をUPさせると、火床内はこのような色になります